未経験の職種への転職について!

今回は、まったくの未経験職種への転職についてお話します。

未経験の職種だとしても、現在と全く異なる職種へ転職したいと考えている方はたくさんいます。
新しい事へ挑戦してみたいというのはよくあることです。

ただ、今までと違った仕事を経験することは自身の成長につながり、未経験からの転職というのは悪い事ではありません。

もちろん、「本当に未経験の職種へ転職できるの?」と不安を感じるのは仕方がない事です。
そんな場合には、まずは転職エージェントに相談してみて下さい。
多くのアドバイスを貰えることは間違いありません。

また、興味のある企業へ直接コンタクトを取ってみるのもありです。

転職活動では、経験者よりも未経験者の方が優遇されることはよくあります。
仮に、求人広告などに「未経験者歓迎」と記載されていても、経験者が優先されてしまうことは仕方がないことです。

誰でも始めは未経験者です。
重要なことは、なぜその仕事をしたいのかを明確にすることです。
あいまいな考えで転職を考えていると、未経験者の場合にはなかなか成功にはつながりません。

どこの企業も未経験者を採用するのはリスクを伴うことです。
もちろん、優秀であるかどうかも大切ですが、最も大切なことは「やる気」があるかどうかです。

私も面接官を行ったことがありますが、面接応募者の「やる気」があるかどうかは直ぐに分かります。
経験者であれば実績重視で採用しますが、「やる気」を感じられない未経験者は直ぐに不採用にします。

もし未経験から新しい職種への転職に自信がない方は、同じ業界内で全く異なる職種へ転職してみるのもありです。
例えば、食品メーカーの事務職から、別の食品メーカーのシステム開発部門へ転職、であれば、
同じ業界内なので、仕事内容が変わっても、その業界に必要な知識は備わっているので、気が楽になります。

しかも、企業側も、同じ業界内からの転職者となれば、業界知識があるので優遇します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする