ヘアカラーと薄毛の関係について

ヘアカラーは薄毛の原因になる?

ヘアカラーに使用する薬剤は、頭皮の炎症を引き起こしたり、髪を傷めてしまいます。

ヘアカラー剤自体が直接薄毛や抜け毛の原因になる訳ではないですが、
ヘアカラーにより髪がボロボロになって抜け毛が増えたり、頭皮環境が悪くなることで薄毛の原因にもなります。

ヘアカラーを行う際には、薬剤が地肌に直接付かないようにすることが大切です。

市販の薬剤は安くて質の悪いものが多いので、薬剤の刺激が強くてより髪を傷めやすくなります。
それに自分でヘアカラーを行おうとすると、気を付けていても地肌に付いてしまいます。

その為、美容室や理容室に行ってプロに任せた方が安全です。
地肌に薬剤が付かないように注意してカラーリングを行ってくれます。

また、ヘアカラーの後には、頭皮の健康にも気を付けましょう。
食事や睡眠、入浴や洗髪方法を改善することで血行を良くして、頭皮までしっかり栄養が届くようにすることが大切です。

それに、使用するシャンプーにも気を付けましょう。
値段の安いシャンプーだと石油系の界面活性剤を使用した刺激の強いモノも多いです。

値段は少し高くなりがちですが、アミノ酸系の界面活性剤を使用した髪に優しいモノを選ぶようにしましょう!

また、トリートメントで髪をケアすることもおすすめです。