ローン一覧

オートローンの選択方法について

賢いオートローンの選び方とは、どういう選択のことでしょうか。
オートローンには主に2種類のタイプがあります。

1つ目は信販会社や自動車ディーラーが取り扱うオートクレジット。
2つ目は銀行や信用金庫、JAが取り扱うマイカーローンです。

申し込み、審査がスピーディなのがオートクレジットです。
オートクレジットのデメリットはマイカーローンと比べると金利が高く、そして返済が終わるまでは自動車の所有権が信販会社やディーラーにある点です。

マイカーローンはオートクレジットと比べて低金利で、また借りたお金を車検や免許の費用にも回すこともできます。
さらに、マイカーローンの場合には、買い入れた時点から所有権は購入者にあります。
ただし、マイカーローンは審査に時間がかかり、手順も面倒になるというデメリットがあります。

融資の申請時に用意しなければならない書類は会社によって多少は違いますが、どちらのオートローンもほぼ同じになっています。
必要な書類は「免許証などの本人確認書類」「収入が確認できる源泉徴収票」「住民票」「車購入の証明書類」になります。

また、近年では残価設定型リースを改良した「残価設定型オートローン」がメーカー系のクレジット会社から提供されているのも特徴です。

「残価設定型」とは、自動車の購入時に価格の一部を据え置いてローンを組みます。
そして、決めておいた時間が経過すると、予定通りに下取りに出すか、それとも残りの金額を支払うかなどを選択することができます。

毎月の支払い額を軽減できるリースのメリットと残価支払後には購入者自身の自動車となるメリットを併せ持つオートローン商品となっています。