foodsourcefile.com一覧

育毛サプリメントについて

薄毛対策や抜け毛対策の一環として育毛サプリメントを有効に取り入れているでしょうか?

薄毛対策や抜け毛対策には様々な方法がありますが、サプリメントで育毛効果のある栄養素を摂取することもおすすめです。

サプリメントのメリットは時間や場所にとらわれずいつでもサプリメントを飲めるという点です。
その為に長く続けやすいです。

忙しい日々で栄養が偏りがちな方も多いです。
もし健康的な食事を取っていたとしても、やはり栄養バランスは偏ってしまうことがよくあります。

そんな場合にサプリメントを上手く活用することで、育毛に効果的な栄養素を補うことができます。

ただ、育毛サプリメントの効果を過信しすぎて、「サプリメントを飲んでいるから大丈夫!」と思ってしまう方も多くいます。

サプリメントはあくまで補助的な役割で、基本となる食事があってこその育毛サプリメントです。
きちんとした食生活を意識した上で、サプリメントを利用することが大切です。
そうしないと、せっかく購入したサプリメントもお金の無題遣いになりかねないので注意して下さい。

それと、薄毛対策・抜け毛の対策には、やはり毎日のヘアケアや十分な睡眠、ストレスの適度な発散、なども必要です。
なので、育毛サプリメントを取り入れるだけでなく、トータルで改善を行うことが重要です。

それと、育毛サプリメントのデメリットとして上げられるのが、一般的なサプリメントよりも高価だということです。
1月に少なくても1万円前後は掛かるので、そのデメリットは覚悟しておきましょう。

サプリメントは、通常は1度に使用する容量が定められています。
1度に大量のサプリメントを摂取しても効果が高まることはありません。
説明書などをしっかりと読んで、必要な分だけを消費するようにして下さい。
そうしないと、高価なサプリメントを無駄に消費してしまうことになりかねません。


薄毛・抜け毛を防止する正しいシャンプーとリンス

正しいシャンプーとリンスの方法

皆さん、間違ったシャンプーやリンスの使用方法をされていないでしょうか?

誤った使い方をしていると薄毛の進行や抜け毛にもつながるので、
毎日の洗髪は正しい知識で行うようにしましょう。

また生活な頭皮環境を維持することも薄毛対策になるので、
抜け毛などが気になるからと言って何日も洗髪をしないで放置するといったことも避けるようにしましょう!

正しいシャンプー

まず、合成の界面活性剤を含んだシャンプーは使用しないで下さい。
合成の界面活性剤は洗浄力が強い分、髪や頭皮を傷つけてしまう恐れがあります。
自然由来の界面活性剤を含んだシャンプーを使用するようにして下さい。

シャンプーをする前には、必ず35~40度くらいのぬるま湯で髪の表面についた汚れを洗い流して下さい。
それだけかなりの汚れが落ちるので、使用するシャンプーの量も減らすことができます。

そして、シャンプーは適量をお湯で薄めてから使用して下さい。
直接髪につけると、特に敏感肌の方には強すぎるので注意が必要です。

ただし、事前にシャンプーを水で薄めてボトルに詰めておくのは止めて下さい。
必ず、使用する直前に、都度必要な量だけを出して薄めて下さい。

使用するお湯は、35度~40度くらいにして下さい。
とは言え、毎回お湯の温度を測る訳にもいかないので、手で触ってちょうどいいくらいの温度であれば、それでOKです。

また、熱すぎても良くないですが、逆に水で洗うのもおすすめしません。
水だと温度が低いために、皮脂汚れまで流れてくれません。
必ず、ぬるま湯を使って洗うようにして下さい。

洗い方にも注意して下さい。
ゴシゴシと強く洗うのではなく、優しく揉みほぐすように洗って下さい。
また、爪で頭皮を傷つけるとまずいので、爪を立てないようにして、指の腹の部分を使って洗うようにして下さい。

最後は、シャンプーをしっかりと洗い流して、髪に残らないようにしてして下さい。

正しいリンス

シャンプーの後のリンスですが、これはやらなくてもOKです。

元々はシャンプーの洗浄力が強かったために、シャンプーで傷ついた髪の毛のケアの為にリンスを使っていました。
ただ、今のシャンプーは昔よりも質が良くなっていますし、髪のケアを行ってくれる成分を含んだシャンプーも出てきています。

リンスにも多くの油が含まれているので、リンスが頭皮に残ってしまうと、フケやかゆみの原因にもなり、逆に頭皮環境を悪化させてしまいます。
もしリンスを使用する場合には、必ずしっかりと洗い流すようにして下さい。

また、リンスは頭皮に付くと落ちにくいです。
必ず髪の毛に直接付けるようにして、頭皮には付かないようにして下さい。

洗髪後の正しい乾かし方

髪の毛を乾かす際には、タオルで強くこすらないようにして下さい。
タオルで髪の毛を軽く叩くようにして、髪の毛の水分をしっかりと取ることが大切です。

タオルの後は、そのまませずに、必ずドライヤーで乾かして下さい。
濡れたままにしておくと菌が繁殖したいして、頭皮に悪影響を与えることもあるので、注意しましょう!

ドライヤーの風が熱すぎたり、強すぎると髪を傷めてしまうので、
必ず低温でゆっくりと乾かすようにして下さい。
また、髪の毛から少し話したところからドライヤーの風を当てるようにして下さい。

ただ、低温で使用したとしても、やはりドライヤーを長時間使いすぎることも良くありません。

大体、8割くらい乾けば、後は自然乾燥でいいです。
そうすることで抜け毛の防止にもなります。


薄毛が気になり始めた方は原因と対策方法を知るところから始めましょう!

最近、髪のボリュームが減ってきた。。。
なんて悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

正直な話、私自身も実感しており対策を始めることにしました。

薄毛対策の第一歩として、まずは薄毛の原因を調べてみると、
遺伝的要因、生活習慣の乱れ、毎日の髪の手入れ、髪の毛のセット、などなどが主な原因と考えられます。

まず、遺伝的要因に関しては、直ぐにはどうしようもありません。
もちろん対策は必要ですが、本当に遺伝が理由なのか調査から開始することをおすすめします。

ただ、「生活習慣の乱れ」「毎日の髪の手入れ」「髪の毛のセット」に関しては、直ぐにでも改善が可能なはずです。

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れは、直接的に頭皮を傷つけるわけではありません。

ただ、ファストフードやラーメン、お肉料理など脂っこい料理ばかり食べていると、薄毛の原因にもなります。
もちろん、お酒の飲みすぎも止めた方がいいです。

また、ストレスも薄毛に影響するようです。
適度にストレス発散をして、モヤモヤを溜めないようにすることが大切です。

それと、適度な睡眠も大切です。
夜更かしは避けて、規則正しいリズムで生活することは体を健康にしてくれ、薄毛の対策にもなります!

毎日の髪の手入れ

毎日使用するシャンプーやリンスにも注意が必要です。

例えば、合成の界面活性剤を含む洗髪剤は、皮脂を根こそぎ洗い流してしまいますし、毛母細胞を傷つけてしまいます。
毛母細胞とは、髪を作るのに大きな役割を果たす細胞です。

合成の界面活性剤は泡立ちがいいのでよく使用されていますが、そういったものは避けて下さい。
そして、自然由来の成分を含んだ洗髪剤を選ぶようにして下さい。

また、シャンプーやリンスが残らないように、髪を洗った後はしっかりと洗い流して下さい。
頭皮のかゆみやフケの原因にもなってしまいますし、薄毛の原因にもなるので注意が必要です!

それと、お風呂上りに濡れた髪をそのままにしている方もいませんか?
濡れたままにすると、髪には良くないので注意して下さい。

ただ、ドライヤーを使って高温の熱風をあてすぎるのも良くないです。
低温にして、風速も弱に設定し、髪の毛の根元からゆっくりと乾かすようにしましょう!

その際、完全に乾かなくてもOKです。
多少湿っているくらいなら、あとは自然乾燥にすることで、ドライヤーを使う時間を短くするなどの調整も大切です。

髪の毛のセット

多くの方が、毎日ヘアスプレーやワックス、ジェルなどの整髪剤を使って髪の毛の形を整えていると思います。
中にはワックスで形を整えた後に、さらにヘアスプレーで固めるなんて方も結構います。

これらの整髪剤は頭皮環境には良くありません。
特にオシャレが大好きな方は毎日使用されるのも仕方がないですが、
使用する量を極力減らして髪や頭皮へのダメージを減らすようにしましょう。

また、定期的にカラーリングやパーマをかける方も多いですが、
こういった行為も髪には大きなダメージとなります。

出来る限り回数を減らすなどして、髪へのダメージを少なくすることも大切です。


未経験の職種への転職について!

今回は、まったくの未経験職種への転職についてお話します。

未経験の職種だとしても、現在と全く異なる職種へ転職したいと考えている方はたくさんいます。
新しい事へ挑戦してみたいというのはよくあることです。

ただ、今までと違った仕事を経験することは自身の成長につながり、未経験からの転職というのは悪い事ではありません。

もちろん、「本当に未経験の職種へ転職できるの?」と不安を感じるのは仕方がない事です。
そんな場合には、まずは転職エージェントに相談してみて下さい。
多くのアドバイスを貰えることは間違いありません。

また、興味のある企業へ直接コンタクトを取ってみるのもありです。

転職活動では、経験者よりも未経験者の方が優遇されることはよくあります。
仮に、求人広告などに「未経験者歓迎」と記載されていても、経験者が優先されてしまうことは仕方がないことです。

誰でも始めは未経験者です。
重要なことは、なぜその仕事をしたいのかを明確にすることです。
あいまいな考えで転職を考えていると、未経験者の場合にはなかなか成功にはつながりません。

どこの企業も未経験者を採用するのはリスクを伴うことです。
もちろん、優秀であるかどうかも大切ですが、最も大切なことは「やる気」があるかどうかです。

私も面接官を行ったことがありますが、面接応募者の「やる気」があるかどうかは直ぐに分かります。
経験者であれば実績重視で採用しますが、「やる気」を感じられない未経験者は直ぐに不採用にします。

もし未経験から新しい職種への転職に自信がない方は、同じ業界内で全く異なる職種へ転職してみるのもありです。
例えば、食品メーカーの事務職から、別の食品メーカーのシステム開発部門へ転職、であれば、
同じ業界内なので、仕事内容が変わっても、その業界に必要な知識は備わっているので、気が楽になります。

しかも、企業側も、同じ業界内からの転職者となれば、業界知識があるので優遇します。


オートローンの選択方法について

賢いオートローンの選び方とは、どういう選択のことでしょうか。
オートローンには主に2種類のタイプがあります。

1つ目は信販会社や自動車ディーラーが取り扱うオートクレジット。
2つ目は銀行や信用金庫、JAが取り扱うマイカーローンです。

申し込み、審査がスピーディなのがオートクレジットです。
オートクレジットのデメリットはマイカーローンと比べると金利が高く、そして返済が終わるまでは自動車の所有権が信販会社やディーラーにある点です。

マイカーローンはオートクレジットと比べて低金利で、また借りたお金を車検や免許の費用にも回すこともできます。
さらに、マイカーローンの場合には、買い入れた時点から所有権は購入者にあります。
ただし、マイカーローンは審査に時間がかかり、手順も面倒になるというデメリットがあります。

融資の申請時に用意しなければならない書類は会社によって多少は違いますが、どちらのオートローンもほぼ同じになっています。
必要な書類は「免許証などの本人確認書類」「収入が確認できる源泉徴収票」「住民票」「車購入の証明書類」になります。

また、近年では残価設定型リースを改良した「残価設定型オートローン」がメーカー系のクレジット会社から提供されているのも特徴です。

「残価設定型」とは、自動車の購入時に価格の一部を据え置いてローンを組みます。
そして、決めておいた時間が経過すると、予定通りに下取りに出すか、それとも残りの金額を支払うかなどを選択することができます。

毎月の支払い額を軽減できるリースのメリットと残価支払後には購入者自身の自動車となるメリットを併せ持つオートローン商品となっています。


クレジットカード会社の選び方

クレジットカード会社は何を基準に選べばいいでしょうか?
初めてカードを持つ方は皆さん悩まれると思います。

まずは、入会金や年会費、値引きやポイントの有無で選ぶのが一番いいです。
ただ、お店によってポイントを利用できる使えるクレジットカード会社は異なります。
自分が一番よく利用している店に合わせて選択するのも良いです。

また、海外での利用や海外旅行のフォローサービスに力を入れているという会社もあります。
旅行や仕事などで海外によく行かれる方は、そのようなクレジットカード会社を選ぶのもいいです。

さらに、バイクや車にお金をかける方は、そういったところへのサポートが手厚い会社を選ぶといいです。

中には、女性や学生に向けたクレジットカードの発行を行っている会社もあります。
利用上限額が低い場合もありますが、手数料が低めに設定されていたり、女性ならではの特典が付いているので興味のある方は調べてみて下さい。

リボ払いが可能なクレジットカード会社もありますし、支払日を指定できるタイプのクレジットカードもあります。

クレジットカードの発行には必ず審査が必要です。
審査に応じて利用限度額などが決まります。

利用者にとって好条件であるほど審査の基準は厳しくなるということは、どこのクレジットカード会社も同様です。
逆に審査基準の甘いクレジットカード会社もありますが、その場合は返済時の負担が大きくなる傾向があります。

クレジットカードの申請を行う場合には、必ずどのような内容になっているのかも事前に確認するようにして下さい。


海外キャッシングについて!

海外でもキャッシングを利用できると便利

国内だけでなく海外でもキャッシングを利用できると、海外に行った際に便利です。
海外の滞在先で急に現金が必要になった場合に、現地通貨で引き出せるキャッシングはとても助かります。

例えば、チップの文化が残っていたり、現金しか使えないレストランやお土産屋さんもたくさんあります。
日本だって現金しか使えないお店はたくさんありますよね。

ただ、海外でキャッシングを利用しようとしても、いきなり利用できるわけではありません。
必ず、出発前に日本でキャッシング利用の手続きを済ませておく必要があります。

と言っても、通常はクレジットカードにキャッシング枠が付いているので、
クレジットカードをお持ちの場合にはそのまま使用できます。
ただし、クレジットカードの暗証番号を忘れてしまうと引き出せないので注意して下さい。

キャッシングの利用方法

通常、駅や空港、繁華街などにキャッシング用のATMが設置されています。
そのATMにカードを入れて捜査をするだけでお金を引き出せます。

簡単ですね!

ただし、ATMで使用できる言語は現地語と英語のみという場合がほとんどです。
英語が苦手言う場合には、事前に使い方などを調べておいて、プリントアウトしておくこともおすすめします。

それと、キャッシングATMの場所も事前に調べておいて下さい。
現地に到着してからだと、インターネットが利用できないなどのトラブルもあるので、調べることができない場合もあります。

また、使い終わった後は、必ず初期画面に戻してからATMを離れて下さい。
操作途中のまま離れてしまうと悪用されてしまう恐れもあるので、十分に注して下さい!

返済は計画的に!

キャッシングで引き出したお金は、通常はクレジットカードと同様に翌月に一括で返済することになります。

ただし、キャッシングも借金です。
返済期日までに返せないのは非常にまずい事です。

必ずご利用は計画的に行って下さい。
「いくら引き出したのか?」をきっちりと把握して、使い過ぎないようにして下さい。

最後に

海外でキャッシングサービスを利用出来るのはとても便利です。

ただし、通常は、日本でいくらかの現金を現地通貨に両替して持っていかれると思います。
海外だと日本ほど治安が良くない国の方が多いです。
多額の現金を持ち歩くと危険な場合もあるので、予め日本から持っていく現金は少なめにしておいた方がいいです。
もし足りなくなったら、必要な分だけを都度キャッシングATMから引き出すようにして下さい。

そして、キャッシングも借金です。
使い過ぎには注意して、計画的に利用することを心掛けて下さい。


履歴書でのアピールの仕方

履歴書でアピールは不可欠

転職活動をする上で、履歴書で自分の事をしっかりとアピールすることはとても大切です。

特に、第一審査が履歴書審査の場合には、その役割がとても重要になってきます。
履歴書審査に通らなければ、面接にも進むことができません!

履歴書でアピールできることはたくさんあるので、しっかりと作り込むようにしましょう。

転職をするにあたって、自分をアピールするための履歴書づくりにはいくつかポイントがあります。
今の自分のスキルや適性と、転職を希望している企業や職種とを照らし合わせながら履歴書を作成しましょう。

自己PRのための履歴書

履歴書の中で最も重要なのが自己PRです。

自分が今までどんな実績を残してきたのかをしっかりと書いてください。
そして、転職を希望している会社に自分が入社する事で、その会社にどのような利益をもたらすことができるのかを具体的に記入しましょう。

資格と免許、スキルもしっかりとアピール

基本的に保有している資格と免許は全て書いておきましょう。
また、転職の際には十分なアピールになるので、まだ取得していなくても学習中のものがあれば書いておくとよいです。

さらに、持っているスキルや経験もしっかりとアピールしましょう。
スキルの項目には、OSやアプリケーションの実務経験年数も記載しておくといいです。

志望動機について

志望動機は、他にも多くの同業他社がある中で、なぜその会社に応募したのかがポイントなります。

また、「なぜその業界を選んだのか?」「なぜその職種を選んだのか?」などもしっかりと記載しておきましょう!

ここをしっかりとアピールできないので、「他の会社でもいいんじゃないの?」と思われてしまうので注意して下さい。

特技について

特技の項目には、資格欄に書けなかったスポーツなどの経験を書いておきましょう。
内容によっては、趣味について書いておくのもいいです。

面接の時に、スポーツや趣味の事で面接官と話が盛り上がることもあるので、そうなると面接官のあなたへの好感度も上がります。
面接官も人間なので、「この人と一緒に働きたい!」と思わせることができるかもしれないです。

本人希望記入欄

本人希望記入欄という項目も履歴書にはあります。

この項目は空白で提出される方も多いです。
この項目にも転職を希望する職種や勤務地等もしっかりと書くと良いです。

最後に!

履歴書によって多くのアピールをできれば、転職活動も円滑に進むこともあります。

あなたが転職を志望する会社の人事担当者に対して、「この人間を採用したい!」と思わせるような履歴書の作成を目指して頑張ってください。